花の咲く丘 2010 星空編
自分でもビックリする程
間が空いてしまいました〜。ご無沙汰しております。
あの夏の暑さも日々忘れていくから不思議ですが
気持ちのいい秋空を楽しんでおります。

12月に劇団パロディフライさんの
20回めの本公演が梅田のシアター・ドラマシティであり
そのチラシとポスターのイラストを描かせていただきました。



『 花の咲く丘 2010 星空編 』
第20回 劇団パロディフライ本公演

2010年 12月11日(土)/ 12月12日(日)
シアター・ドラマシティ
全席指定 前売6000円/当日6500円


| おしごと | 00:39 | - | -
ポスター


「日本小児腎臓病学会学術集会」のポスターを
描かせていただきました。





| おしごと | 01:28 | - | -
赤ちゃんとお母さんの休憩室
個展が終わって、ホッとしたのもつかの間
慌ただしく4月が過ぎていこうとしてます。はやっ!

遅くなりましたが、なんばにある大阪高島屋の6階東館こども売り場
イラストの続きで『ベビー休憩室』です。



『ベビー休憩室』も同じ6階東館の端にがあって
中にゆったりとした休憩室や
おむつがえの出来るベッドや、授乳用の個室などもあります。

この↑照明の絵は丁度、赤ちゃんがベッドに
寝かされた時に天井を見上げると、きょとんとした
子グマと目が合うようになっています。



赤ちゃんの顔を照らす、ほんわかと安心するような照明になりました。

このベッドに赤ちゃんが沢山並んで
イッセイに上を見上げていたら、カワイイだろうな〜と
想像するだけで楽しいです。
願わくば、グズってても泣きやんで欲しいところです。



個室の中や壁にも、小さく額装した作品が
並んでいます。



赤ちゃん連れで、お買い物に疲れたら
ココでゆったり過ごしてほしいですね。


大阪高島屋 東館6F
〒542-8510
大阪市中央区難波5丁目1番5号
TEL(06) 6631-1101





| おしごと | 23:53 | - | -
大阪高島屋6階こどもフロアの照明
いよいよ来週から個展も始まるのですが
一足お先に、コチラもどうぞご覧下さい。



なんばにある大阪高島屋が、3月2日に増床部分を第1期オープンして
その6階東館こども売り場の照明部分のイラストを描かせて
いただきました。

エレベーターもしくはエスカレーターを降りたら、
頭上のデッカい輪っかを、是非見上げて下さいね!



この大きな輪っかの照明の中側には
小さいクマのぬいぐるみと一緒にベッドで眠ってる女の子が
夢をみていて『海の中』へ潜水艦で冒険し、
巨大タコと遭遇する!という場面から出発して



『雨上がりの草の中』では、虫やカエルぐらいの小ささになって
草花やキノコの小径を散歩するシーンがあったり



『カーニバル』を見つけて、一緒に旅するシーンなどが
描かれています。



他にも四角い照明の中にも
色んな図柄が8案ほどあります。



真下に行かないとちょっと見えにくいのですが
色々と盛り沢山ありますので
お買い物ついでに是非見上げてやって下さい。



同じフロアの授乳室(ベビー休憩室)の中にも
照明と絵を飾ってもらってますので
次回に続きます〜!




| おしごと | 12:00 | - | -
amarena


新店舗に移転される時に
カードのイラストを描かせていただいた
芦屋のパスティッチェリア&バールの「アマレーナ」さんが
移転されてから1周年を迎えられました。
JR芦屋から南側、2号線の茶屋之町交差点を少し南に
行くと、カワイイお城のような佇まい。
美味しいイタリアンドルチェが並ぶ1階にはバールも併設され、
2階はオステリアになっています。

そしていただいても差し上げても
大喜びの、焼き菓子用の素敵なパッケージ!

いつか天井まで積み上げてみたいものだ♪



パスティッチェリア・アマレーナ (PASTICCERIA amarena)
TEL 0797-35-5516
兵庫県芦屋市茶屋之町2-4


| おしごと | 00:55 | - | -
『 あの日、茜空 』


劇団パロディフライ 第19回本公演『 あの日、茜空 』
チラシを描かせていただきました。

パロディフライさんの公演のチラシ・パンフの絵を
私が描かせていただいて、気付けば何と19回!
こんなに長い間、描かせていただける事になろうとは
思いもしませんでしたが
本当に只ただ感謝です。


『 あの日、茜空 』
2010年 1月16日(土)PM 6:00 / 1月17日(日)PM 2:00
シアター・ドラマシティ
全席指定 前売6000円/当日6500円



| おしごと | 17:28 | - | -
『くるみ割り人形』
先日、大阪厚生年金会館 大ホールで公演された
地主薫バレエ団の『くるみ割り人形』を観に行かせていただきました。
バレエの公演を観るのは、ほぼ初めてでしたが
美しく踊るダンサーの方達はまるで体重が無いみたいに、軽やかで優雅!
可憐で可愛いクララと王子、ちょっと怖くてユーモアも
たっぷりな、ねずみの王様とねずみ達。
私のようなバレエ初心者でも、たっぷり楽しめる作品でした。



関西フィルハーモニー管弦楽団の演奏や、少女の合唱団の唄声や
舞台美術やコスチュームに至るまで、とても凝ってあって
ウットリしてる間に、夢から覚めるように
終わってしまいましたが、もう一度じっくりと隅々まで
観てみたいな〜と思いました。
バレエは本当に総合芸術なのですね。



帰りの電車で向かいに座ったご夫婦が、偶然にも
このプログラムをしげしげと眺めてらして
時々ニコニコして、バレエのお話しをされてるみたいで
私はただプログラムの表紙の絵を描いただけなのですが
ちょっと緊張して、それでちょっと嬉しくなって
フワリとした足取りで帰りました。

| おしごと | 23:39 | - | -
the Nut Cracker


10月3日(土)に大阪厚生年金会館 大ホールで公演される
地主薫バレエ団の『くるみ割り人形』のチラシとポスターの
絵を描かせていただきました。

くるみ割り人形』の物語は何となく知っていましたが
今回、ちゃんと資料を読んでみて
なるほどこんなお話しだったのかー!と驚く事が多かったです。

それにしても『くるみ割り人形』という言葉から
想像するイメージと『the Nut Cracker』という語感から
受けるイメージは随分違いますね。



| おしごと | 01:07 | - | -
小児科病棟のエレベーター
あのクマやペンギン達の行方は・・・


ここは大阪狭山市にある近畿大学医学部小児科病棟の
エレベーターで、昨年同じ病棟内の中の
ドアのイラストを描かせていただいた事が
きっかけで、こちらにも描かせていただきました。

でも直にペイントする訳では無く
描いたイラストを、バスや電車をラッピングするような
外壁用のシートに出力して、貼り込みます。
これなら色あせず、消毒液でいくら拭いても大丈夫!

今日はこの作業のために、消灯後の小児科病棟へ。
と言っても、私はただ立ち合わせていただくだけで
職人さん達がテキパキとお仕事するのを
写真撮りながら観察です。



手すりがあったり、凹凸があったりとても複雑なのに
作業は黙々と手際よく進んでいきます。


あんまり写真をパチパチ撮ってたら
「吉田さんは職人マニアですか!?」と
言われてしまいましたが、こういう無駄のない動きや
お仕事を見てると、ついつい惹き込まれます。

お陰さまで無事に完了しました。
大きな白クマ母さんは、丁度大人と同じぐらいの大きさです。
入院中の子供達が目を覚ましたら喜んでくれるといいな〜。


ご尽力下さった皆様方、本当にどうも有り難うございました。





| おしごと | 16:42 | - | -